東京オートサロン出展

軽トライアングル
先日、開催されました
東京オートサロン 2018 (in 幕張メッセ)にて
株式会社オートグランドスーパーセブン様(販売元)より
弊社(製造元)で製作した軽トラック荷台のカスタマイズ製品、『軽トライアングル』が出展されました

東京オートサロン

多くのお客様にご興味を持って頂き、またお披露目出来たこと、大変嬉しく思っております
販売は下記サイトとなっておりますので宜しくお願い致します

軽トライアングル

 

 

 

 

 

AP-100及び配送車(4t)増設

 

 

 

設備導入のお知らせ

この度、お客様の納期に迅速に対応すべく工程の入り口となる 設計部門と配送部門の設備を増強致しました!!

・設計用 CAD/CAM(AP-100)1台導入の、合計4台体制へ

・4tトラック 1台導入の、合計3台体制へ

これにより、さらにお客様に満足して頂ける、より速い設計対応と細かい納品対応が可能となりますので、これからも引き続き、ご愛顧賜りますよう 宜しくお願い申し上げます

 

 

 

 

GW休暇のお知らせ

お得意様各位

GW休暇のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り 誠に有難く厚く御礼申し上げます

さて、弊社は下記の通り、GW休暇を実施させて頂きます

4月29日(土) ~ 4月30日(日) 休

5月3日 (水) ~ 5月7日 (日) 休

尚、5月1日及び2日は暦通り、営業しております

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます

 

液化窒素CEの設置を致しました

■CEタンク(窒素)設置について

レーザー加工では欠かせない要素であるアシストガス。
その種類には酸素、窒素、エアーなど、用途に応じてガスを切り換えて切断加工を行います。

当社でも2004年のレーザー加工機導入以来、酸素と窒素はLGC(可搬式超低温液化ガス容器)を用いた供給システムを採用していました。
しかし、最新複合機の導入、受注量の増加、ステンレス製品加工の需要拡大などに伴い、平成27年7月、旭化成酸素株式会社様からの御提案及びご協力の下、大量の液化ガスを貯蔵することが可能である、CE(コールドエバポレーター)と呼ばれる「超低温液化ガス貯槽」を用いた新供給システムを導入致しました。

CEは液化窒素の超低温液化ガスを安定した状態で貯蔵し、所定の圧力でガスを連続的に安定した流量でレーザー加工機に供給する設備です。

それまでと比べ、自然昇圧によるガス流出ロスの減少、ガス圧の低下やガス切れなどによる切断不良の減少、また、安定した純度の高圧窒素ガス供給により、ステンレスなどの切断品質の向上、大幅なコストダウン等々安定した連続運転が実現可能になりました。


◆液化窒素CE
・構造:二重殻パーライト真空断熱方式
・内容積:9,700L
・貯蔵重量:7,000kg

新社屋・第3工場が完成致しました

兼ねてよりご案内させて頂いてました社内環境整備の一環として工場増築、設備増強と既存設備の移動及び、事務所移転も完了し、本日 6月15日より完全稼動を行なえる準備が整いました。

日頃より大変お世話になっておりますお客様へ、少しでも良い品をお届け出来ます様、又、お世話になりました各業者様へ恥じぬ様、今後より一層精進して参りますので、パワーアップした弊社にご期待頂ければ幸いです。

お世話になりました各業者の方々、本当に有難うございました。

平成27年6月15日

株式会社山陽工作所
代表取締役 山本義範